薬剤師だが転職に時間がかかった理由

薬剤師だったが夫の転勤に伴い退職することに

薬剤師として働いていたのですが、夫の転勤に伴い退職することになってしまいました。
子供もまだ小さく、数年間は働くことが難しい状況だったのですが、ようやく落ち着き始めたということで転職先を探すことにした頃です。
なかなか職場が見つからず、薬剤師のキャリアはあるのに子供がまだ小さいのでいざというときはそちらを優先したい、ということを伝えていたからでしょうか。
もちろん短時間の職はすぐに見つけることが出来たのでそちらでも良かったのですが、やはり自分の資格を活かしたいと思っていました。
そこで薬剤師専門の転職サポートをしているサイトを利用してみました。
自分だけでは難しいけれど、何かあったときにサポートとして利用することが出来ると思ったからです。

【薬剤師の転職】2020年はどうなる?!その傾向は?! https://t.co/tEtVOeSkt5 pic.twitter.com/TDDA3xLKEE

— misa(みさ)💊薬剤師ライター兼ブロガー (@misatrombone) 2019年10月19日
アドバイスをしてくれる人もプロなので、私の職探しの良くない点をアドバイスしてもらったところ、すぐに見つけることが出来ました。
職場を探すにもポイントがあることをこのときようやく思い出し、やはり現役をしばらく退いていると忘れるものだなと思いました。
子供がいても安心して働ける職場は案外地元に多く、こんなに焦ってあれこれしていたのはなぜだろうと不思議に感じたものです。
これは仕事にも慣れて子供とも笑顔で接することが出来るようになってから気がついたのですが、収入や時間帯ばかりで立地や働き方の選択を意識していなかったからではないかと思います。

薬剤師だったが夫の転勤に伴い退職することに子供がいても安心して働ける職場を探す職を探す時にはできることとできないことを明確に